授業風景
授業風景

MEMBER

刺激を一つずつ投入し、
考え方として提案する

オンラインだから実現した多彩な講師陣。
それぞれの専門分野を持つ講師陣があなたにたくさんの気づきを与えてくれます。

講師紹介

信岡 良亮 / Ryosuke Nobuoka

メインファシリテーター

1982年生まれ。関西で生まれ育ち同志社大学卒業後、東京でITベンチャー企業に就職。Webのディレクターとして働きながら、大きすぎる経済成長の先に幸せがあるイメージが湧かなくなり、2007年6月に退社。島根県隠岐諸島海士町という人口2400人弱の島に移住し、2008年に株式会社巡の環を仲間と共に起業。6年半の島生活を経て東京に活動拠点を移し、2015年5月に株式会社アスノオトを創業。 「地域共創カレッジ」主催のほか、さとのば大学の発起人。

井上 英之 / Hideyuki Inoue

自身と繋がり、自分のテーマを見つける

2001年よりNPO法人ETIC.にて、日本初の若手むけソーシャルベンチャー向けプランコンテスト「STYLE」を開催するなど、社会起業家の育成・輩出に取り組む。05年より慶応大学SFCにて「社会起業論」などの、実務と理論を合わせた授業群を開発。特に「マイ・プロジェクト」と呼ばれる、自分に基づいた変化を体感する手法をデザインした。09年、世界経済フォーラム「Young Global Leader」に選出。近年は、マインドフルネスとソーシャルイノベーションを組み合わせたリーダーシップ開発に取り組む。

大西 正泰 / Masahiro Onishi

地域をマクロ的視点で捉える

1970年徳島県生まれ。地域再生コンサルタント。元社会科教師。人口約1600人という四国で最も人口の少ない町(徳島県上勝町)で、役場と連携し、過疎地でも起業できるインターンシップ制度を実施。2012年以降40近くの新規事業が生まれる土台づくりの支援を行なった。 2018年には中小企業庁から「創業機運醸成賞」を受賞。 経済産業省の「地域創業促進支援研修」をはじめ、全国各地で自治体向けコンサルディング及び地方創生に関する講演を行っている。

西塔 大海 / Motomi Saito

地域とミクロ的視点から共に動く

1984年山形県生まれ。 2011年、東日本大震災後に気仙沼復興協会の立ち上げに参画し、ローカルに関わりはじめる。2013年、地域おこし協力隊として福岡県上毛町に移住。移住交流施策「みらいのシカケ」や古民家DIYリノベーション教育などを実施し、今も世帯数14軒の山奥の集落に、妻と娘と暮らし続ける。 仕事は、整理すること、企画すること、共有すること。企業や自治体の新規事業づくりから、個人プロジェクトまで、頼まれれば面白がれる自信あり!

松尾 祥子 / Shoko Matsuo

挑戦する心のメンタルケアができるようになる

臨床心理士。アライアント国際大学/カリフォルニア臨床心理大学院修士修了、アロマセラピスト、アートセラピスト、リトリートコーディネーター。1999年より「アロマ×心理×自然」をベースに、人、社会、地球の持続可能性に関心を寄せて活動。アロマテラピーやメンタルヘルス、ホスピタリティのコンサルタント、赤坂溜池クリニックにて統合的なアプローチにてカウンセリングやコーチングを行う他、コミュニティづくりや再生可能エネルギーの研究へ参加している。

会沢 裕貴 / Yutaka Aizawa

物語にして伝えることで共感者を増やす

1987年生まれ、茨城県水府村育ち。 卒業と同時に小学校が廃校になって以来、持続可能な地域づくりを探求。 新潟大学大学院にて建築学を専攻し、都市再生や街づくりを研究。大学院修了後は、商業施設・街づくりのコンサル、地域おこし協力隊などを経て、NPO法人コミュニティ・オーガナイジング・ジャパンにて、講師や市民活動の伴走支援で全国を巡る。 さとのば大学では、物語を語り共有することで、価値観でつながるナラティブの講義を担当。

田原 真人 / Masato Tahara

社会の複雑性と向き合う

早稲田大学物理学及び応用物理学専攻博士課程中退。「反転授業の研究」代表。Zoom革命代表。国際ファシリテーターズ協会日本支部理事。Flipped Learning Global Initiativeアンバサダー。2017年から、完全リモートの生命的な組織「与贈工房」を作り、約20名で協力して働く。周りの世界と関わりながら「この組織がこの世界に存在する意味」が見えてくると、組織の内部から活力が溢れてきたことから、コミュニティが自己組織化するプロセスを体系化する。

後藤 拓也 / Takuya Goto

複雑なシステムを可視化・共有する

大学卒業後、留学を経て「システム思考」や「学習する組織」の理論や方法論などをベースとした人や組織の変容に携わる。2015年5月より独立し、現在、フリーランスの講師・コーチ・ファシリテーターとして活動。「人の最高の可能性を探求する」をモットーに、「バリュー・ファクター」や「メンタル・モデル」の個人向けセッション、企業、自治体、NPO、学校の先生などに向けた研修やワークショップの企画・開催、企業の組織開発プロジェクトなどに携わる。

兼松 佳宏 / Yoshihiro Kanematsu

自分のあり方に名前をつける

1979年生まれ。ウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。その後、ウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長を務める。 2016年、フリーランスの勉強家として独立し、現在は京都精華大学人文学部特任講師として、ソーシャルデザイン教育のためのプログラム開発を手がける。 秋田県出身、京都府在住。一児の父。

伊佐 亜希子 / Akiko Isa

社会とのつながりの軸となる問いの品質を高める

大学卒業後、さまざまな職種を経て人材育成コンサルティング会社に入社。研修コンテンツの開発・カスタマイズを行う他、のべ100名の派遣講師のトレーニングを行う。2016年に独立し、経営者支援をはじめ、自己革新力を高めるチーム開発、リーダーシップ開発、経営品質向上プログラムを通した現場変革に取り組む。 ヒトの有機的なつながりや学習/自己革新のエッセンスを組んだ組織開発研究がテーマ。

プロボノ
分科会リーダー紹介

三橋 沙織 / Saori Mitsuhashi

可視化分科会リーダー

日本各地や海外など様々な場所でスーパーの現場、中国の日本大使館勤務を経て、今は産業別労働組合で勤務。根底にあるのは「人の暮らしを豊かにしたい」「人と人の心をつなぐ場づくりをしたい」というおもい。人の「自分史」を聞いて、その人の凄みを発見するのが好き。出会うべきご縁をつなぐのが好き。「すなっく沙織」のママでもある。プロボノチームでは可視化分化会という、どうやったらさとのば大学が伝わるかを一生懸命みんなで対話する場をつくっている。

谷 明洋 / Akihiro Tani

カリキュラム分科会リーダー

天文少年だったがなぜか農学部へ進学。大学卒業後は新聞社へ入社する。その後、科学を伝える日本科学未来館を経て、建築設計事務所で「都市を科学して伝える」仕事に従事。新たな「問い」や「視点」との出会いが楽しみ。個人でも副業的に「宇宙と星空の案内人」や「科学の目で世界をさぐる出前授業」を行う他、「さとのば大学」でも人や地域との「出会い」や「学び」を楽しみに関わっている。論点を整理したり問いを投げかけたりすることが得意。

渡辺 光昭 / Mitsuaki Watanabe

可視化分科会/情報整理、発信

神奈川のIT系エンジニア勤務。地域との関わりのない、普通の会社員。数年前、縁あり海士町を訪れたことがきっかけで信岡と知り合い、さとのば大学を知る。学びは知識の詰め込みだけでなく、自然などからもハイブリッドで学ぶことが大切だと感じていたことから、プロボノに関わり始める。プロボノ活動の情報整理や、新規にプロボノに参画する人向けの情報発信などをメインに活動している。

地域風景
地域風景

ほしい未来

挑戦の場の循環

日本のさとの場という優しい挑戦環境で学び、
「自分として生き、人と一緒にほしい未来をつくる人」(=共創人材)が
たくさん育てば、彼らがまた、次世代にとっての挑戦の場をつくり、
日本中でワクワクする挑戦がたくさん生まれていくだろう

対話を重ねながら互いが学び、与え合い、
互いに変わっていく共創文化を、
是非一緒に作っていきましょう。