秋田県五城目町

 

#学びと遊び #世界で一番こどもが育つ町 #越える学校 #教育フリースタイル

#500年続く朝市 #高齢化率トップ #ものづくり #共創・協奏・狂走 #野性

 

 あきたこまち、秋田犬、なまはげと言えば秋田!住民参加型で生まれた五城目小学校新校舎。多拠点教育を実現する小中学生の「教育留学」。教育ベンチャーや大学・研究機関の集う廃校オフィス。0歳から100歳以上が集う五城目朝市。この地に生きる人々、里山から源流域の自然環境。人も、自然も、文化も、全てが学びの素材。生き方が多様化し続ける今、これからの学びについて私たちと一緒に考えてみませんか?

 

▼こんな人におすすめ

・こども心を取り戻して挑戦したい
・次世代が育つ学びと遊びの場をつくりたい
・人生の主人公になるきっかけがほしい
・地域の中と外とをつなぐのに興味がある
・朝市の運営に興味がある、出店してみたい

 

▼コーディネーター紹介

柳澤 龍(やなぎさわ・りゅう)

東京大学大学院を卒業後、 株式会社ガイアックス(IT企業)に入社。その後、2014年に秋田県五城目町へ移住し、五城目町地域おこし協力隊として着任。「五城目町地域活性化支援センター BABAME-BASE」(旧馬場目小学校)を拠点に、村の概念をひっくり返すシェアビレッジプロジェクトの立ち上げや高齢社会をデザインするAkitaAgeLabの設立に参画。1次産業と伝統産業のコンサルティング、高校生と地域の未来を描くソーシャルラボ、秋田公立美術大学アートマネジメント育成プログラムの五城目プロジェクトのコーディネーターなどを担当する。2017年11月、五城目町内の土着企業・個人が集まり、一般社団法人ドチャベンジャーズを設立、代表理事に就任する。2018年4月、「五城目町地域活性化支援センター BABAME-BASE」(旧馬場目小学校)の指定管理を担う。