辻 正太さん

さとのば大学の前身である「地域共創カレッジ」の受講生の声をご紹介します。

「地域共創カレッジ」はオンラインでの学び、そのなかでも自分自身と向き合ったり受講生同士で対話をしたり、ほしい未来を実現するためのステップや他者との共創のしかたなど、さとのば大学が理想とするような学びの一部を運営してきました。

 

 

 

-どうして地域共創カレッジを受けようと思ったのか、きっかけを教えてください

 教員をやめて、復興支援と地方創生を軸にした会社に入社したのがきっかけです。地域で活躍するプレーヤーの皆さんと繋がり、これから自分が入っていく地域とのかかわり方について一緒に考えたいと思い、受講を決めました。

 

-カレッジを受けることでどんな未来を思い描くことができましたか? 

 全国に「もう他人とは思えないような仲間」ができていて、色んな地域を行き来しながら暮らしていることを想像できるようになりました。

 

-カレッジを受講しはじめたときと受講を終えてからとで、どんな変化がありましたか?

 受講する前は、自分に何ができるのか不安しかありませんでしたが、受講生同士での深い対話を通じて「深くお互いを知り合った仲間がいれば、何かやりたいことがあるとき、だいたいなんとかなる」という自信を持てるようになりました。また、地域共創カレッジはいろんな地域から受講生や講師が参加しているため、全国に「もう他人とは思えないような仲間」ができていて、色んな地域を行き来しながら暮らす未来を想像できるようにもなりました。

 

-地域共創カレッジのような学びをどんな方にオススメしたいですか?

 今、何か閉塞感のようなものを抱えている人、一歩踏み出したいと考えている人、全国にともに地域を盛り上げていく仲間がほしい人、「好きな人」と「好きな場所」で「好きなこと」をして暮らしていきたい人。そんな方にぜひ受けてほしいです。