EVENT イベント
募集中

2024/7/18

【出版記念イベント】未来の学びについてみんなで対話する会@高梁

保育園・小学校留学、校種を超えた交流など、さまざまな教育施策を実践し、教育に重点を置いたまちづくりを行っている岡山県高梁市。保護者、教員、生徒、地域の方々、さまざまな立場の人が一緒に未来の教育について対話する機会として、地域を旅するさとのば大学を主宰し、地方で人材育成することの価値を提唱する信岡良亮とともに、これからの教育について対話するイベントを開催します。

開催概要

日時: 7月18日(木) 18:00-19:30
会場:高梁市立図書館
参加費:無料
事前申込:不要

当日の流れ(予定)

17:30開場
18:00オープニング
信岡より共創する学びについて
パネルトーク
19:30閉会

登壇者

信岡 良亮(のぶおか・りょうすけ)
『学び3.0-地域で未来共創人材を育てる「さとのば大学」の挑戦』著者・さとのば大学 発起人

1982年、大阪府生まれ。同志社大学卒業後、東京のITベンチャー企業に就職。WEB部門のディレクターを務める。08年、人口2400人の島根県隠岐諸島海土町に移住し、「持続可能な未来へ向けて行動する人づくり」を目的に起業。6年半の島生活を経て、東京に戻り都市と地域の新しい関係を創ることを目指し、株式会社「アスノオト」を設立。発起人として2019年に「さとのば大学」を立ち上げる。2023年Forbes JAPAN「NEXT100 世界を救う希望100人」で、世界の課題解決・地域問題解決を志向する「新・起業家」の一人に選出される。

パネリスト

鍵本芳明氏(岡山県教育委員会前教育長)

北條大直氏(岡山県立城南高等学校教諭)※写真左

司会

横山弘毅氏 (岡山県高梁市学校連携コーディネーター)

書籍『学び3.0-地域で未来共創人材を育てる「さとのば大学」の挑戦』

社会が良くも悪くも大きく変化している今、教育についても「学歴だけでは幸せになれない?」「今の授業や学校のシステムは時代に合っている?」そして「子供の未来のために本当に必要な教育って?」と様々な議論と模索が続いています。本書では、さとのば大学の実践を例に“生きる”と“学ぶ”の境界線をなくす新しい学びのスタイルを「学び3.0」というコンセプトで整理し、これまでの「個人が生き残るための学び」から、「みんなでよりよく生きるための学び」への転換を提案しています。

・Amazon:https://amzn.asia/d/d2OwX7y
・楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/17804211/