さとのば大学
SCROLL

PICK UP

EVENTイベント

MAGAZINEマガジン

ABOUTさとのば大学とは

日本全国をキャンパスに、
地域と共に学び合う
“地域を旅する大学”
さとのば大学

解決できないような課題を取り扱うことには苦しさが付きまといます。その課題や自分自身と向き合い続けるためにも、「ほしい未来」を小さくても形にできる安心感や、ともに成長しあえる仲間の存在が大切です。
私たちはつい、すぐに答えを探してしまいますが「これが答え」と結論を出す方法ではなく、「答えって何だっけ」と本質に迫る方法を学ぶ。自分たちで問題を考えて、自分たちで学び方を考えていく。さとのば大学は、こうした学びを大切にしています。
ともに学びあいながら、自分たちの未来を自分たちごととして考え、誰しもがほしい未来を創るために挑戦できる。
そんな未来を、さとのば大学では描いています。

VISIONさとのば大学がめざす未来

“わたし”に根ざし、
“わたしたち”として、
地域から、
「ほしい未来」をつくる。

これからの私たちが生きるのは、答えのない不確実な世の中です。
どうしたら持続可能な社会を創れるのか、ワクワクする未来を創れるのか。
一人ひとりが考え、それぞれの方法で「正解」にたどり着かなければいけません。
さとのば大学のキャンパスは、日本全国の地域です。
そこには多様な価値観、多様なリソース、そして多様な課題があり、
それに向き合う多様な人たちが暮らしています。
多様な地域社会は、正解が一つでないことを教えてくれると同時に、
多様な「わたしらしさ」を引き出してくれます。
ひとりひとりが、自分自身のつくり手であり、これからの社会のつくり手です。
さとのば大学で、一緒に正解の見つけ方を学び、ほしい未来を創りませんか。

CURRICULUM カリキュラム

“わたし”に根ざし、
“わたしたち”として、
地域から、
「ほしい未来」をつくる。

さとのば大学では、プロジェクト学習をカリキュラムの主軸とし、
自分を活かしながら小さくやりたいことをカタチにしていくことを
学び方のベースとしています。

CAMPUS 地域留学先

プロジェクトや暮らしをともに学び、
挑戦する場として、15の地域が連携し、
さとのば大学というコミュニティを大きくするために関わってくれています。

MESSAGE 名誉学長のメッセージ

image

名誉学長(Chief Co-Learner )

井上 英之 Hideyuki Inoue

自分のために心と体をつかって学ぶ。好奇心を発揮し、実際に汗を流し探求し、大切なものを見つけていく。そんな時間を過ごしてみませんか。人間がもっている「学ぶ」ということの本来のあり方を存分に味わう場所こそが、これからの「学校」の姿なのではないか。テクノロジーの強みとリアルの大切さを組み合わせて。そんな試みが世界のあちこちで動き始めています。さとのば大学もその一つです。日本の中でも特徴的な地域をキャンパスに、そこで留学するように暮らし地域の人たちとつながり、自分のプロジェクトをもちながら、オンラインで座学と実践を繰り返す。そして、その冒険を各地の仲間たちと連携しながらすすめていきます。ここには「学ぶ」と「やってみる」がすぐそばにあります。ほしい未来を描き、自分に必要な学びのデザインを自らしながら、他の人たちの視点や経験からも学んでいく。それをこの世界の新しい知として、常にアップデートし、新たな世界を創造していく。共に学ぶ仲間の参画を、心からお待ちしています!