岡山県西粟倉村

 

岡山県の再北東端に位置する、面積の約95%が山林に覆われている町。

政府が行った平成の大合併で持ち掛けられた合併を拒否し、自立の道を歩む。

「百年の森林構想」を掲げ、約50年前に子や孫のために木を植えてきた人々の想いを受け継ぎ

立派な森林を育て上げる。

 

 

 

 

西粟倉村プロジェクト

 

 

>>地域プロジェクト詳細を見る

 

 


 

地域事務局

 

新荘直明(しんじょう・なおあき)

西粟倉村地域コーディネーター

平成6年茨城県鹿嶋市生まれ。大学・大学院在学中に、気候変動・地球温暖化に取り組む若者の団体、Climate Youth Japanに所属し、環境大臣・環境省幹部との意見交換会や、環境省の温暖化対策キャンペーンの若者・学生向け普及啓発に携わる。その活動の中で西粟倉村が再生可能エネルギー自給率100%を目指していることを知り、関心を抱く。平成31年に東京大学大学院理学系研究科修士課程を修了し、新卒で西粟倉にIターン移住。さとのば大学の地域コーディネーターを担当。

 

 

萩原勇一(はぎはら・ゆういち)

西粟倉村出身。平成2年に西粟倉村役場に入庁。ライフラインなどの整備をはじめ、税・高齢者・障がい者福祉等を経験し、平成29年度から商工観光と地方創生を担当。さとのば大学PJには、自分の興味と地方創生文脈から関わっています。マイプロジェクトとして村の中学生キャリア教育の「あわくら未来アカデミー」を企画中。さとのば大学との連携ができればと企んでいる。

 

 

井上大輔(いのうえ・だいすけ)

西粟倉村出身。大学卒業後、Uターンし西粟倉村職員となる。「百年の森林構想」による林業再生事業や再生可能エネルギー事業など村内の地域資源を活かす村の取り組みが進む中、次の一手として、ローカルベンチャー推進事業に着手、多くのローカルベンチャーや広がりが地域に生まれる新しい流れをつくる。平成29年4月に保健福祉課へ異動、保健福祉分野で試行錯誤中。さとのば大学への地域参画は行政内個人プロジェクト。

 

 

 


 

住居スペース

 

 

※現在調整中です。確定次第更新致します。

 

□概要

木造住宅の一軒家です。シェアハウスとして利用いただく予定です。

キッチン、トイレ、風呂が共有となります。

□寄宿料

交渉次第

□在寮期間

3ヵ月。さとのば大学修了後の滞在希望者はご相談ください。