岡山県西粟倉村

西粟倉村プロジェクト

 

 

 

 

 

 


 

西粟倉村とは…

 

 

岡山県の再北東端に位置する、面積の約95%が山林に覆われている町。

政府が行った平成の大合併で持ち掛けられた合併を拒否し、自立の道を歩む。

「百年の森林構想」を掲げ、約50年前に子や孫のために木を植えてきた人々の想いを受け継ぎ立派な森林を育て上げる。

 

 


 

地域事務局

 

 

萩原勇一(はぎはら・ゆういち)

西粟倉村出身。平成2年に西粟倉村役場に入庁。ライフラインなどの整備をはじめ、税・高齢者・障がい者福祉等を経験し、平成29年度から商工観光と地方創生を担当。さとのば大学PJには、自分の興味と地方創生文脈から関わっています。マイプロジェクトとして村の中学生キャリア教育の「あわくら未来アカデミー」を企画中。さとのば大学との連携ができればと企んでいる。

 

 

 

井上大輔(いのうえ・だいすけ)

岡山県西粟倉村出身。大学卒業後、Uターンし西粟倉村職員となる。「百年の森林構想」による林業再生事業や再生可能エネルギー事業など村内の地域資源を活かす村の取り組みが進む中、次の一手として、ローカルベンチャー推進事業に着手、多くのローカルベンチャーや広がりが地域に生まれる新しい流れをつくる。平成29年4月に保健福祉課へ異動、保健福祉分野で試行錯誤中。さとのば大学への地域参画は行政内個人プロジェクト。

 

 

 


 

住居スペース

 

 

※現在調整中です。確定次第更新致します。

 

□概要

木造住宅の一軒家です。シェアハウスとして利用いただく予定です。

キッチン、トイレ、風呂が共有となります。

□寄宿料

交渉次第

□在寮期間

3ヵ月。さとのば大学修了後の滞在希望者はご相談ください。